アロマを楽しむ

リラックスできるお風呂の入り方。1日の疲れを取ってから眠ろう

面倒でも湯船に浸かってリラックスした方が疲れは取れます。シャワーだけで済ませずに、リラックスできるお風呂の入り方で、疲れを癒しましょう。

バスタイムに使って欲しいアロマも合わせてご紹介しますね。

<スポンサードリンク>



リラックスできるお風呂の温度はややぬるめ

疲れているときには、ややぬるめのお風呂の方がリラックスできます。

温度でいうと、38〜39度くらい。いっても40度。

冬は40度くらいでもいいですが、春〜夏は38度くらいがいいと思います。

ぬるめだからゆっくり入っていられます。熱いと苦しくなってきて、かえって疲れが出てしまうので注意してください。

リラックスできるお風呂の時間は10〜15分くらい

そして入浴時間ですが、あまり長湯はしない方がいいです。余計に疲れるので。

また、肌も乾燥しやすくなるから、だいたい10〜15分くらいにしておきます。

半身浴だったら20分くらいでもOKです。

入る前にコップ1杯の水を飲んでおく

15分くらいの入浴だと、そんなにだらだらと汗はかきません。

だからわかりづらいのですが、実はすごく体の巡りが良くなって汗が出ているんですよ。

脱水症状を起こさないためにも、また、さらに巡りを良くするためにも、お風呂に入る前にコップ1杯のお水を飲んでおくといいです。

夏場は、浴室にペットボトルを置いておいてもいいですしね。

汗をかいた分しっかりと水分補給をすることが大事です。

リラックスできるお風呂のためのバスグッズ

どうせならただ入るのではなくて、楽しみになるようなバスグッズがあるといいと思うんです。

疲れて帰ってきても楽しみがあるってすごくいいことじゃないですか。

私が紹介するバスグッズは・・・やっぱりアロマですよ。

浴室の隅にアロマを垂らしてみよう

手間をかけてバスソルトを作るのもいいんですけど、疲れているときは手っ取り早く楽しむってことも大事です。

だから、浴室の隅にアロマを垂らすだけでもいいんですよ。

管理人
管理人
この方法なら、肌が弱い人でも「なんちゃってアロマバス」を楽しむことができます。

お湯にアロマを入れないから、肌につく心配もないし。

リラックスしたいときには、

  • ゼラニウム
  • ローズウッド
  • ラベンダー
  • マンダリン

などの優しい香りがおすすめですが、ここは好みでいきましょう。

好きな香りだったらなんでもいいです。

バスソルトを作るなら

塩を使うと体も温まるので、冷え性の方はアロマバスソルトを作るのもいいと思います。

天然塩大さじ2〜3に、精油を3〜5滴たらせばOKです。

よく混ぜてお風呂に入れましょう。

自分で作るのが面倒な人は

作るのが面倒、精油を揃えるのが大変、というときにはぜひ市販のバスソルトを使いましょう。

楽チンなのが一番だから。

私はドラッグストアの合成香料の入浴剤はあんまり好きじゃないので、クナイプとかお塩系のものを使うことが多いですね。

もしくは、こちらのアロマ屋さんのバスソルト。ちゃんと精油使ってます。

>>ナチュラルアロマバスソルト

アロマキャンドルを使ってみよう

sonja_paetow / Pixabay

アロマキャンドルもいいんですよね〜。

ちっちゃいのでいいから、火をつけて電気を消してみてください!

なんだかすごく幻想的になって、明るいところよりも香りを強く感じると思います。

視覚が制限されるから嗅覚が研ぎ澄まされるんでしょうかね。

お子さんと入るときにはちょっと気をつけなくてはいけませんが、たまにでいいから一人でゆっくり入りたいものです。

<スポンサードリンク>