メディカルアロマ

更年期のイライラに使えるアロマ3選。香りの力でリラックスしよう

40代後半になると訪れる更年期。女性なら誰でも通る道です。

更年期障害の症状は人によってまちまちで、何とも感じない人もいれば、身体の症状が出る人、心の症状が出る人もいます。

今回は更年期に入って「イライラして仕方ない!」という方に是非使ってみて欲しいアロマを3つご紹介します。

使い方は簡単。アロマランプなどを使うか、ティッシュにたらして香りを楽しんでみてください。

<スポンサードリンク>



更年期のイライラに使えるアロマ3選

anaterate / Pixabay

自分がリラックスできる香りがあればそれで良いのですが、何を使ったらいいかわからないという方のために、女性ホルモンをサポートし、イライラを鎮めてくれるアロマを3つご紹介します。

クラリセージ

クラリセージはPMS(月経前症候群)などにも使えるアロマで、女性の悩みを幅広くサポートしてくれる有り難いアロマですね。

スクラレオールという成分が女性ホルモンのサポートをします。

詳しい効能は、こちらの記事もご覧ください。

ハーブ調の香りの中に甘さとスパイシーさが同居したような香り。

講師としてアロマテラピーの授業をしている時、生理前はクラリセージの香りを嗅ぐだけでイライラが鎮まる、なんてことを言っている生徒さんもいました。

この香りが好きだったら、更年期のイライラにもとても良いと思います。

何だかわからないけど気持ちが落ち着かないという時にクラリセージをティッシュにたらして嗅いでみてください。

フェンネル

フェンネルは食用としても売られていますね。精油は種の部分から採れます。

ちょっとスパイシーだけど甘い香りが元気をくれるんですよ。

私も大好きな香りです。

イライラが続くと精神的にちょっと疲れてしまいますよね。

そんな時に嗅いでもらうと、すごく元気が出ると思います。

trans-アネトールという成分が特徴で、これが女性ホルモンのサポートをしてくれます。

単品でもいい香りですが、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系と合わせるのもいいですよ。

例えばフェンネルを1滴、レモンを2滴ティッシュにたらして、芳香浴を楽しんでみてください。

アニス

アニスはアニスシードとしてパンやクッキーに入れたりしますね。

精油もこの種から採れます。

アニスはフェンネルと同じく、trans-アネトールという成分が特徴です。

こちらはフェンネルよりも甘い香りです。

好みによって使い分けてみてください。

気分に合わせてアロマを使い分けよう

毎月のことで非常に面倒くさいですが、ここはアロマで乗り切りましょう。

生理前のイライラは、ストレスも大きく関わっています。

仕事や家事は忙しくてどうしようもないかもしれないけれど、「私にはアロマがある!」って思うだけでも、ストレスを和らげることはできると思うんです。

今回ご紹介した3つ以外にも、自分がいいと思う香りはどんどん使ってみてください。

そして憂鬱な時期を、少しでも楽しく過ごしていきましょう。

<スポンサードリンク>