アロマの本

事典のような本。手元に1冊、「アロマテラピー 84の精油」

アロマテラピーの勉強はもちろん今でもしていますので、いろいろな情報を集めていますが、これはどうだったっけと思った時は、インターネットの情報を見るよりも、手元にある本で探す方が多いです。

そんな時によく読み返すのが、この1冊。

「アロマテラピー 84の精油」です。

中身は事典のような本で、多分ずっと使えます。

アロマテラピーを始めたばかりの人には向いていないと思いますが、少しでも勉強をして、もっと詳しく精油の効能を知りたいなと思っている人には、ぜひ手元に置いて欲しい1冊です。

アロマテラピーインストラクターの資格を取った後、日本では、アロマテラピーは「美と健康を増進するもの」であり、○○に効果があるということはいえないのですが、自分で使う分にはやっぱり効果を知りたいよな〜と思って買った1冊です。

一つの精油について、

  • 心にたいする働き
  • 体にたいする働き
  • 肌にたいする働き

と、3つに分けて効能を説明し、歴史と神話とか、ブレンドにオススメの精油が載っています。

見開き2ページで1つの精油が説明されているので、とても見やすいですね。

欲を言えば、カモミールはローマンとジャーマンを分けて書いて欲しかったなあ、と思います。

<スポンサードリンク>