【アロマ】オレンジ・スイートの効果効能

マンダリン・タンジェリン・オレンジの香り
Orange Sweet
学名    Citrus sinensis(キトルス シネンシス)

科名    ミカン科
抽出法   圧搾法
抽出部位  果皮
産地    イタリア、イスラエル、アメリカ、フランス、スペイン、
ブラジル、オーストラリア、モロッコ、チュニジア
主成分   リモネン、シトラール、ネロール、リナロール、オクタナール、
デカナール

◆主な作用
リラックス&リフレッシュ作用
神経性の胃痛、下痢等の緩和
不眠の改善
胸やけ、食欲不振
収斂(しゅうれん)作用
空気清浄

<スポンサードリンク>



line1

気分を明るくしてくれるアロマ

オレンジ 効果効能

ほのかなオレンジの香りは気分を明るくしてくれます。

抑うつ的になった時、物事にうんざりした時、エネルギーがなくなった時などに助けてくれる精油です。

柑橘系というとさわやかな香りのイメージがあると思いますが、リフレッシュというよりはリラックスしたい時にむいていると思います。

気の流れをなめらかにしてくれるので、滞った気持ちもスッキリします。

お腹の調子を整える

オレンジ 効果効能

柑橘系のアロマは、作用は穏やかですがおなかの調子を整えるという作用があります。
健胃作用、消化促進作用などです。

ストレスで胃腸の調子が今ひとつ、という時にもいいですね。

おなかが痛いというわけではないけれど、何となくすっきりしないとき、おなかが張る、ごろごろする、という時に水溶性ジェルや植物オイルで薄めておなかに塗ります。

食べ物から採れるアロマ(ペッパー、ジンジャー、コリアンダーなど)と合わせるとより良いと思います。

元気いっぱいになる!というよりはやさしい気持ちを取り戻す、こころ穏やかになれる精油だと思います。

私が夜寝る時に使う精油の中でも頻度の高いものです。

line1

☆おすすめのブレンド☆

気持ちが疲れている時におすすめのブレンドは、ラベンダー・アングスティフォリア、ローズウッドなど。

ラベンダーには色々な効能が期待できるので、こちらの記事も参考にしてみてください。
「風邪の季節にもラベンダーが活躍♪のどの痛みにも良いアロマ」
「やけどにはやっぱりラベンダー、を実感。」
「日焼けしてしまったときのアフターケアにもラベンダーが活躍します♪」

ゆっくり眠って、明日がんばるぞ!という時に使ってみてほしいです。

フローラル系とはどの精油とも相性がいいと思います。

お花の香りはちょっと甘すぎる(または濃厚すぎる)と感じることが多いのですが、オレンジをブレンドすることでその甘さが和らぎ、よりやわらかな香りになる気がします。特に、ネロリとのブレンドはおすすめ!とても幸福感に包まれる香りになります。

同じ柑橘系とブレンドすると、シャープさが緩和され、やさしいスッキリ感になると思います。

<スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です