酒粕ローションにアロマをプラスしてみた

酒粕パック

先日、ライターの仕事で日本酒化粧品についての記事を書かせていただいたことから、ち … 続きを読む

日焼けしてしまったときのアフターケアにもラベンダーが活躍します♪

lavender3

ラベンダーのアロマは効能がとても多くて、1本で何役もこなしてくれる優秀なアロマですが、日焼けしてしまったときのアフターケアにもラベンダーをぜひ使って欲しいと思います

ラベンダーは火傷の治療などにも使われます。私も料理をしていてうっかりちょっとしたやけどをしてしまったときなど、すぐにラベンダーを使いますよ。

やけどをした箇所にラベンダーを原液で塗ります。すると、ちくちくするような痛みが引いて、やけどの跡も消えるのが早いんです。傷の回復を早めてくれるんですね。

※ただし、小さな軽い火傷に限って、です。重篤なものはもちろん医者に行って下さい。

やけどにいいということは、日焼けにもいいんですよ。日焼けは一種のやけどですから。

日焼け止めを塗り忘れて外出してしまった、または、思ったよりも日差しが強くて日焼け止めを塗り直さずにいたら日焼けしてしまった、という時に、帰ってきたらラベンダーでアフターケアをして上げましょう。

◆ラベンダージェル
・ラベンダー 2滴
・水溶性ジェル 小さじ1

広範囲に塗りたい場合は分量を増やして下さい。日焼けしてしまった、と思うところにラベンダーのジェルを塗って下さい。肌のほてりが治まって、回復を早めてくれます。

私はうっかり日焼けしてしまうと水ぶくれが出来るタイプなので、なんとしても炎症を抑えなくてはいけない!と思って、ラベンダーでケアしています。

早めに塗ってあげることで、かゆみも抑えることが出来て、一石二鳥です。

==========

あなたのためのブレンドアロマを作っています。
必要なアロマは、ひとりひとり違うから。

詳しくはこちら

クラリセージにバジルをプラス=イライラも解消?

バジル

私がクラリセージ単品だと香りが苦手なので、好きな香りと効能を考えて作ったブレンド。

クラリセージ、ベルガモット、
ローズウッド、バジルetc。

女性の不調にはクラリセージの効能が万能だとは思っているのですが、どうにも香りがあまり好きでないものだから、大好きなベルガモット、ローズウッド、それと痛み止めにバジルを少々。

私は子どもを3人産んで、生理痛はほとんどなくなったので、痛み止めはあまり必要ないのですが、生理痛で辛い思いをしている方は多いので、プラスしてみました。

バジルには自律神経のバランスを整える働きもありますので、私にはそっちの効き目かな、と思います。
生理前になるとほんとにイライラする!!

子どもの声がいつもに増してうるさく感じます。

そんな時は、フランキンセンスよりもバジルの方が落ち着きますね。
だからPMS(月経前症候群)にもおすすめのブレンドなんです。

「etc」としているのは、これにあなたのお好きな香りも加えてオリジナルのブレンドを作るからです。

セミオーダーブレンドアロマ
『Lady Blue』はこちらです
詳しくはこちら

【アロマ】ジュニパーベリーでむくみもすっきり

ジュニパーベリー

ジュニパーはは体液のバランスをとってくれるんですよ。個人的にはシダーと同じくらい利尿作用があると思っています。

私はどうも湿度に弱くて、梅雨の時期、いや夏もかな、身体が重くて仕方ありません。北海道に行くとものすごく体調がよくなります。湿度を溜め込みやすい身体のようです。

だからこそ、余分な水分を外に出さないととても疲れやすくなるのですが、そんな時に使うのがジュニパーです。

◆からだに対する働き

ジュニパーの効能は利尿作用だけでなく、セルライトや毒素排出にも役立ちます。お酒の飲み過ぎたときなどにも、翌日ジュニパーを使って足裏のトリートメントなどをすると身体がすっきりするんです。

老廃物がたまってるなあと感じる時にもおすすめ。

1日中座りっぱなしの方、もしくは立ちっぱなしの方、重力でリンパが下半身にたまってしまいますから、運動しないならセルフトリートメントですっきりしましょう。

月経正常化にも役立つので、生理不順の方は使ってみて。

【ジュニパーでセルフケア】

植物オイルまたは水溶性ジェル 小さじ1
ジュニパー 1滴
レモングラス 1滴

巡りをよくして余分なものを出し、血行を良くしてくれるブレンド。ジェルを使った方が精油の浸透はいいので、オイルよりおすすめです。

◆お肌に対する働き

ジュニパーはどちらかというと普通肌〜脂性肌無機化と思います。お肌を清潔に保ちニキビを解消したい方におすすめ。ジュニパーローションはお肌がさっぱりしますよ。

【ジュニパーローション】

無水エタノール 5ml
ジュニパー 3滴
プチグレン 2滴
精製水 95ml

=====

今のあなたにピッタリのアロマは?もっとアロマのこと、深く知りたい!という方に、メルマガを配信しています。登録は無料です。

メルマガ登録はこちら!

緊張しやすい人のためのアロマ

バジル

人前で話す時や、明日大事な仕事がある、というとき
すぐに緊張してしまう人。

 

大きなことでなくでも、
初めて会った人と話す、
それだけでも緊張してしまう。

 

そんな人におすすめのアロマがあります。

 

バジルもしくはマジョラム。

ふたつとも、ハーブ調の香りです。

 

このふたつのアロマには自律神経のバランスを取る、
という効能があります。

 

緊張しやすい人は、
常に自律神経の交感神経が
優位になった状態。

 

体は常に戦闘状態、
活動しっ放し、なんですね。

 

緊張すると、手が冷たくなったりしませんか。
これは、交感神経が優位になったことにより、
血管が収縮してしまうからなのです。

 

アロマにはリラクゼーション作用のあるものも
たくさんありますけれど、
それよりはまず、自律神経のバランスを整えて
それからリラックス作用のあるものを使った方が
効果的だと考えています。

 

それには、バジルかマジョラム
おすすめなんですね。

 

どちらを選ぶかは
お好みです。

 

どうせなら、それと
リラックス作用のあるアロマを
ブレンドして使ってもいいですね。

 

アロマオイルはひとつで使うよりも
2つ、3つと、ブレンドして使った方が
効果が高まるんですよ

 

1:1で混ぜてもいいし、
好きな香りの方を多めに入れてもいいし
ブレンドの仕方もお好み次第なのです。
好きな香りで、緊張もほぐれるなら
それに越したことはないですよね。

line1

こんな時はどんなアロマを使ったらいい?
そんなご相談も受けていますよ。

お問い合わせはこちらから。
shousai