【アロマ】寒い時に体を温めるペッパー

pepper-646730_1920

Black Pepper
学名   Piper nigrum

科名   コショウ科
抽出法  水蒸気蒸留法
抽出部位 果実
産地   シンガポール、インド、マレーシア、マダガスカル
主成分      リモネン、ピネン、カリオフィレン、ファルネセン

◆主な効能
血行促進作用
(体を温め、食欲を刺激する)
浄化作用
(体内に滞っている毒素を排出する)
筋肉痛の緩和
便秘の解消
強壮作用

line1

まさにコショウの香り!
刺激のある香りで、体をあたため感染症や吐き気、風邪の症状を緩和します。
インドではあらゆる治療に使われてきました。
さすが、スパイスの国ですね。
サンスクリット語の「ピッパリ」がラテン語の「piper」になり、英語の「ペッパー」と変化してきました。

白こしょうよりも黒こしょうの方が精油の量が採れるので、商品名では単に「ペッパー」といっている場合もブラックペッパーを指していることが多いです。学名を確認すればわかります。

line1

スパイス系のアロマの一番の効能は、胃腸の働きを良くすることでしょう。食べ過ぎた時や胃腸の調子がなんだかすぐれない、という時にとてもおすすめです!

年齢とともに、だんだん食べられなくなってくるでしょう・・・。
以前は食べられた量でも、ちょっと次の日に不快感が残ってしまうというか。

そんなときに、ペッパーのアロマを水溶性ジェルか植物オイルで薄めておなかに塗りましょう。もし胃の痛みなどがある時は、ペパーミントとの組み合わせもいいですね。

line1

筋肉の痛みを和らげる働きもあるので、動きすぎて疲れた時や筋肉痛などにもいいですね。刺激を与えて強化する働きによって、元気が出ますよ。

元気が出るのは体だけではなくて心も一緒。なんだか疲れた、元気が出ないという時に芳香浴に1滴プラス。ピリリと刺激のある香りが心を元気にしてくれます。

さあ、今日もがんばらないと!という時にあなたにパワーを与えてくれるアロマです。

line1

そんなアロマの使い方や
40代の生き方などについて
お話ししています。

『こころもからだもうるおうアロマ』
『40歳からのさびない生き方』
無料メルマガ、ゆるゆると配信中♪
メルマガ登録はこちら!