何度も読み返せるメールのよさ

letter-755126_1280

カウンセラーの勉強をしている時のこと、
カウンセリングには対面、電話、メールと
3種類ありますが、
私はメールを専門にしたかったので
自分でもメールカウンセリングを
何度か受けてみました。

 

実際に受けてみないと、
どうやってすすんでいくのかわからないですもんね。

 

そのとき思ったことは、
やっぱりカウンセラーもピンキリ(笑)
いい悪いというよりも、
自分に合っているかどうかかとは思うんですけどね。

 

数件メールカウンセリングを利用しましたが、
全て同じ質問をしました。

 

マニュアル的な、優等生的な答えが多い中で
ビビッと私の心に響いたメールがありました。

 

なんというか、特別な言葉を使っているわけではないのに
すんなり心に入ってきた。

 

私のことを全面的に認めてくれている内容でした。

 

他の回答は、もちろんカウンセラーですから
私を責めたり私が間違っている、というようなことを
言ったりするわけではないのですが、
全面的に私の言い分を認めているわけでもない、という
なんとも中途半端だったのです。

 

だからその人のメールだけ
私に響いたのかもしれません。

 

私はそれから、ことあるごとに
そのメールを読み返しました。

 

自信を失った時、
迷ったり悩んだりした時。

 

直接その時に相談した悩みではないことで
ずいぶんと勇気をもらえました。

 

回答をもらってからもう4年以上たちます。

 

それでもそのメールは私にチカラをくれるんです。
文字のチカラって、すごいと思いませんか。

 

もちろんじかに話をして
心に残ることもあります。

 

でも文字は、そこにある。
目の前にあって私を元気づけてくれるんです。

 

そのカウンセラーさんとはお会いしたこともないのに
とても信頼できると思いました。

 

文字って不思議です。

 

だから私は、メールでのセッションに
こだわってます。

 

元々、メールで話そうと思ったのも
自分の時間をなかなか持てないママたちが
思い立った時に相談できるように、
という気持ちからでした。

 

私が夜中にメールを書いて相談できたのも
メールカウンセリングという手段があったから。
それで気持ちが楽になったからです。

 

仕事場との往復で
家に帰ってからは家事と育児に追われ
友達と食事をしたり
楽しく話す時間もないママたちが
誰かと話したくなった時に
私がそのサポートをしたいと思ったから。

 

対面で話す、電話(またはSkype)で話す、では
時間がない人には無理なんですよ。

 

だから、いつでも話せる、
そして何度でも読みかせせるメールという手段を
もっともっと使って欲しいと思うのです。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

アロマのセッションや
アロマなしのメールセッションメニューは
こちらから
shousai

時間も場所も選ばずに悩みを解決する方法

letters-772504_1280

もし何か悩み事があって

もしくは悩みってほどじゃないけど
誰かに聴いてもらいたい事があったとして

でも友達に会う時間がない。
聴いてもらえる時間がない。

そんなときこそ、メールじゃないですか。

お手紙でもいいですけどね。
送りにいかないといけないから
とりあえず、メール。

夜中に送るのも悪いと思うなら
書くだけ書いて、翌日送ればいいんです。

そして・・・

書いているうちに
すっきりしちゃうこともあるんですよ。

文字って不思議で
その時の気持ちをのせて書くと
それだけで、セルフカウンセリング的なこともできてしまう。

なぜなら、読み返せるからです。

勢いにまかせて書いたことを
何度も読み返してみて下さい。

なんで私、こんなことで悩んでたんだろ、って
思うこともあるから。

また、その時はそう思えなかったとしても
翌日もう一度読み返してみると

冷静な目で見ることができるから
その時の自分を
少し客観的に見れたりもします。

だから「書く」ってことは
時間も場所も選ばずに
自分で悩みを解決できる
ひとつの方法なんです。

それでも解決できなかったら・・・

メールセッションを使って欲しいな、と思っています。

私が対面よりもメールでのセッションにこだわるのは
私と対話するよりも
まずは自分自身と対話をしてみた方が
解決の糸口が見つかることも多いから。

そして、すぐには見つからなかったとしても
一歩すすんだ状態になれるから。

「話すこと」が苦手な人には
特におすすめの方法です。

=======

まずは私から一方的にお話しするメルマガ
『こころもからだもうるおうアロマ』
『40歳からのさびない生き方』
ゆるゆると配信中♪

メルマガ登録はこちら!

2月のアロマセッションスケジュール(プライベートセッション)

lananculas

【アロマセッション】

*プライベートセッションスケジュール*
所要時間:90分(ただし、ワークの内容によっては2時間程度かかることもございます。)

アロマセッション詳細はこちらから。

■2月5日(金)
10時〜11時半
13時〜14時半

■2月6日(土)
10時〜11時半
13時〜14時半

■2月20日(土)
10時〜11時半
13時〜14時半

※通常セッションも同じ時間で可能ですので、アロマはいいから話だけ、という方もどうぞ。

ご都合が合わない場合にはご相談ください。
rosa@sanctuaryaroma.com

お申込は「アロマセッションメニュー」ページからお願いいたします。

moushikomi

自分の思いを言葉で表現すること

letters-772504_1280

言いたいことが言えない。
自分の気持ちが言えない。
そんな思いを抱えて悶々としたことはありますか。

小さい子どもが思い通りにならなくてかんしゃくを起こすのはなぜか。

地団駄踏んで泣きわめくのはなぜか。

それは、自分の思いをきちんと言葉にして表現することができないからです。
自分の思いを言葉にして相手に正確に伝えることができないからです。

これが大人の場合、どうなるか。

さすがに泣きわめいたり
かんしゃく起こしたりするのは恥ずかしいので
(でもそれに近い人はいますよね)

言いたいことが言えないと我慢したりするんです。

それが続くとどうなるか。

内側にたまってしまった”どうにもならない思い”は
外への攻撃になるか、
自分を蝕んでいくかのどちらかです。

どちらにしても、いいことありません。

だから、「言葉で表現する」って
とても大切なんですよ。

方法は何でもいいです。

メールしたり、電話したり、
時には手紙を書くのもいいですね。

相手が見つからない時は
もちろんブログでもいいし、
日記帳でもいい。

聴いてくれる相手がいれば
それに越したことはありませんが
いなかったとしてもまずは頭の中に溜め込まず
言葉に出してみることです。
文字でも声でもいいです。

外に向けて表現することで
自分の気持ちを再確認できると同時に
少し落ち着きを取り戻せるでしょう。
line1

メールセッションは対面と違い、リアルタイムで話をすることは出来ませんが、
文章を書きながら自分の気持ちを再確認できる、という利点があります。

そして、こちらからの返信とあわせてゆっくりと時間をかけて読み返し、
問題解決の糸口を探っていく、という作業が出来るのです。

人は時に、自分自身の気持ちがわからなくなることがあります。
メールセッションはそれを再確認していく作業です。

わけがわからなくなって、立ち止まることを余儀なくされることもあるでしょう。
それでも、こころのモヤモヤを誰かに理解してもらえた時、また前に進む勇気がわいてくるのです。

私自身も様々なセッションやカウンセリングを受けてみて、
時には客観的に自分を見つめる作業の大切さを知りました。

案外自分のことってわかってないんですよ。

「私はどうなることが、どうすることが一番の幸せにつながるんだろう」
って普段あまり考えませんよね。

イヤなことやストレスになるようなことはあたまをどんどん埋め尽くすのに、
じゃあどうなったら私にとって幸せな状態なの?とちょっと視点を変えて考えてみると、
ストレスはただのストレスではなくなり、自分を成長させる糧になり得るのです。

まずは簡単なアロマセッションである「アロマ診断」を試してみませんか。
ご利用は無料です。

aromashindan-banner