【アロマ】コリアンダーの効果効能〜お腹の調子を整える幸せアロマ

 

Coriander
学名   Coriandrum sativun
科名   セリ科
抽出法  水蒸気蒸留法
抽出部位 種子
産地   フランス、スロベニア、ロシア
主成分  d-リナロール、α-ピネン、カンファー、酢酸ゲラニル、ゲラニオール

コリアンダーといえば、あの有名な香草ですね。パクチー、シャンツァイとも呼ばれます。和名はコエンドロといいます。

精油としてはあまりメジャーではないかもしれませんが、とても役に立つ精油なので、その効果効能をご紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>



種から採れる精油

コリアンダー 効果効能

パクチーが嫌いな人でも大丈夫です。私もパクチーは食べられませんが、コリアンダーの精油は大好きです。

アロマが採れるのは、食べる葉っぱや茎ではなくて種からです。香りはほんのり甘くて、幸せを感じる柔らかいハーブ調の香りです。

コリアンダーの効果効能

コリアンダー 効果効能

コリアンダーは種から採れるアロマなので、お腹に良い働きをしてくれます。種や実から採れるアロマはお腹にいい、と覚えておくといいですよ。

胃腸の調子を整える

お腹にガスがたまって苦しい時や胃もたれで食欲がない、という時に力を発揮してくれるアロマです。

幸せな気分になる香り

コリアンダーの香りは、気分をリフレッシュさせる働きと同時に、疲れた心を元気づけてくれる働きがあります。

ストレスで元気がない時に嗅いでみてください。きっと幸せな気分にしてくれますよ。

コリアンダーでマッサージ

コリアンダーのマッサージオイルを作ってみましょう。

<材料>

  • ホホバオイル 小さじ1
  • コリアンダー精油 1滴
  • オレンジスイート精油 1滴

これでお腹をマッサージします。

オレンジスイートにも、穏やかながら胃の調子を整える働きがあるのと、気の流れを良くしてくれるアロマなので、ストレスで胃腸の調子が今ひとつだなと感じる時に是非使って欲しいマッサージオイルです。

お腹に塗って、ゆっくりマッサージしながら香りも楽しんでください。

便秘の時は、オレンジスイートの代わりにフェンネルをブレンドしてもいいでしょう。

<スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です