梅雨の時期でも広がらない!やっぱり髪には植物オイルとローズマリー精油

ローズマリー

ローズマリー

私はくせ毛で、パーマをかけていないのに「パーマかけてる?」といわれるほどうねうねしておりまして、この湿度の高い時期になにもしないと髪は広がって大変なことになります。

で、それを押さえるにはやっぱり植物オイルなんだよなあということを実感しております。

そしてプラス、ローズマリーの精油。
ローズマリーは頭皮を健やかにして髪の成長も促してくれるんですよ。

<スポンサードリンク>



髪はちゃんとケアすれば増える!

私は昔と比べたら、たぶん髪は1.5倍のボリュームになっていると思う(笑)
昔は本当に細くて少なくて、情けない髪でした。

それがきちんとお手入れするようになって、もう20年ほどやってもらっている美容師さんにも「髪増えたよね?」といわれるほどです。
(詳しくは『ローズマリーで髪が増えた!?』をご覧ください。)

湿気で髪が広がる一番の原因は髪が傷んでいるからです。

キューティクルがところどころはがれていて、そこから水分が入って膨張するので、うねったように広がるのです。

だからキューティクルを保護してあげて、髪の水分を均等にすることが大事なんですよ。

良質なオイルで髪を保護

紫外線やドライヤーの熱から髪を守り、キューティクルを保護してくれるのは、天然の質の良い植物オイル。

私は普段椿オイルを使っていますが、たまに他のオイルを使うこともあります。

で、最近たまに使うのがホホバオイル。

ホホバオイルは本当にさらっとしていて、乾燥肌の私なんて、肌にのせるとなじみすぎてすぐなくなってしまうほどです。

使っているのはこれ↓↓




NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」
お試しサイズは34mlで2778円です。

肌にもいいものは当然髪にもいいので、お風呂の後はタオルドライした髪にホホバオイルをつけてからドライヤーをかけます。

髪が傷むからとドライヤーをかけずに自然乾燥する方がいらっしゃいますが、それは逆効果ですからね。きちんと乾かした方がいいですよ。

正しいヘアケアで髪を丈夫に

ドライヤーは15〜20センチほど髪から離して、短時間でかけること。
そして最後は冷風で締めくくります。

そうするとキューティクルも落ち着いて、しっとり感が出てきますよ。

そしてこまめなブラッシング。
これによって髪の中の水分が均等になって、広がりにくくなります。

ローズマリーをオイルにプラス

あ、ローズマリーの精油はオイルに加えて使っています。
ホホバオイルだけでももちろんいいのですが、髪にはやっぱりローズマリーかな、と。

オイル瓶に直接入れてしまうと最後までローズマリーの香りになってしまうので、別の容器にオイルを少し移して、そこにローズマリーを入れて使っています。

香りは好みですけど、ローズマリーカンファーよりはローズマリーシネオールの方がいいかなと思います。

私はオイルのケアで、髪が本当に丈夫になりましたので、髪にコシがない、張りがないとお悩みの方は是非一度使ってみて欲しいですね。

40代以降は特に髪が細くなって少なくなってきますから、地肌が見えるようになる前のケアが大事なんですよ。

<スポンサードリンク>



=====
アロマの使い方や効果など、色々なことをお話ししているメルマガ
不定期で配信中です。

メルマガ登録はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です