【アロマ】ジュニパーベリーの効果効能。むくみもすっきり

ジュニパーベリー

ジュニパーはは体液のバランスをとってくれるんですよ。個人的にはシダーと同じくらい利尿作用があると思っています。

私はどうも湿度に弱くて、梅雨の時期、いや夏もかな、身体が重くて仕方ありません。

北海道に行くとものすごく体調がよくなります。湿度を溜め込みやすい身体のようです。

だからこそ、余分な水分を外に出さないととても疲れやすくなるのですが、そんな時に使うのがジュニパーです。

<スポンサードリンク>



利尿作用でむくみもスッキリ

ジュニパー むくみ アロマ

ジュニパーの効能は利尿作用だけでなく、セルライトや毒素排出にも役立ちます。

お酒の飲み過ぎたときなどにも、翌日ジュニパーを使って足裏のトリートメントなどをすると身体がすっきりするんです。

老廃物がたまってるなあと感じる時にもおすすめ。

1日中座りっぱなしの方、もしくは立ちっぱなしの方、重力でリンパが下半身にたまってしまいますから、運動しないならセルフトリートメントですっきりしましょう。

ジュニパーでセルフケア

  • 植物オイルまたは水溶性ジェル 小さじ1
  • ジュニパー 1滴
  • レモングラス 1滴

巡りをよくして余分なものを出し、血行を良くしてくれるブレンド。

ジェルを使った方が精油の浸透はいいので、オイルよりおすすめです。

line1

生理不順にも

アロマテラピー

女性の不調というとクラリセージを使うことが多いのですが、ジュニパーにも月経のリズムを整える働きがあります。

クラリセージの甘い香りよりも、ジュニパーのスッキリした香りが好き、という方はこちらを使ってもいいでしょう。

line1

肌をさっぱり整える

ジュニパー スキンケア

ジュニパーはどちらかというと普通肌〜脂性肌向きかと思います。

お肌を清潔に保ちニキビを解消したい方におすすめ。ジュニパーローションはお肌がさっぱりしますよ。

ジュニパーローション

  • 無水エタノール 5ml
  • ジュニパー 3滴
  • プチグレン 2滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. ボトルに無水エタノールを入れます。
  2. それから精油を加えて、良く振りまぜます。
  3. 最後に精製水を加えて蓋をし、さらに混ぜます。

精油は水には溶けないので、エタノールに良く溶かしてから水を加えます。

保湿力が欲しい人は、エタノールの代わりにグリセリンを使ってみてください。

<スポンサードリンク>



=====

今のあなたにピッタリのアロマは?もっとアロマのこと、深く知りたい!という方に、メルマガを配信しています。登録は無料です。

メルマガ登録はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です