アロマのブレンド=自然体の心を作るもの

アロマオイル ローズマリー

人はどうして香りに癒されるんだろう。
いい香りを嗅ぐと、どうして心が和らぐんだろう。

そんなことを考えていました。

私自身、日々のアロマを選ぶ時、どんな状態で選んでいるんだろう、改めてと考えた時、何だかわかったような気がしました。

これまでわかんなかったの!?という突っ込みはなしで。

アロマの成分だとか、大脳辺縁系に香りの分子が届くんだとか、そんな科学的な理由がないといけないと思っていたんです。

それがないから、アロマテラピーはいつまでたっても”なんとなくあやしいもの”だと思われてしまうのではないかって。

だから私はメディカルアロマも学び直したし、どんな成分が入っていれば何に良いのかということは成分表を見ればわかります。

でもここでいったん原点に戻ってみたような感じです。

<スポンサードリンク>



どうして私は香りで癒されるのか、そして人を癒したいと思うのか。

たぶん、会社員でなくなったことが大きいかなと思います。

なんのこっちゃ、と思いますよね。

実は私は、メディカルアロマの講師をしていましたが、リストラにあいフリーランスにならざるを得なくなりました。昨年ずっとフリーランスになるための準備はしていたので、むしろ背中を押してもらったようなものでしたが、多少の不安はありましたよ。

で、これまでもこのサイトでアロマセッションやオリジナルブレンドの作成などはやっていたのですが、アロマを説明する際に、何となく科学的な根拠を示さないと信用されないという思い込みがあったような気がします。

もちろん、こころやからだの様々な不調を自分で整えましょう、と言っている以上は、科学的な根拠や薬理作用の説明をしないといけないと思いますが、その前に、「香りでなぜ人が癒されるのか」という答えがあってないようなことをしっかり伝えていかないといけないのかなと。

というのも、お客様のニーズを探さないといけない、需要がないと売れない、ベネフィットがないと売れない、様々なコンサルタントの話を聴いているうちに、「売る」ということの方向性が自分の中で曲がってしまったのかなと思いだしたわけです。

もちろん、お客様の心を動かせなければものは売れません。私だって、心が動かなければ、食べないと死んでしまう食事以外に、お金を使いませんからね。

そう、その「心を動かす」ということ、アロマはそれそのものじゃない!!とようやく思いだしたのでした。

私がお客様の要望を伺ってブレンドを作る時、今どんな気持ちでいて、どうなりたいのか、ということをお聴きします。

つまりそれは、「今心が欲しがっている、心が必要としている、心のかけた部分」なのではないかと。
だから必要なアロマをブレンドして、香りを嗅ぐと、心が満たされてまあるくなるのではないかと思うのです。

アロマは心を丸くするもの。
元々あった、自然体の心を作るものなんです。

そのかけた部分はご本人にしかわからない。だけど、自分の心って、意外とわからない。
だから人に話すとすっきりしたりするんじゃないでしょうか。

そして私は、そのかけたところにピッタリとはまるアロマを探し、ブレンドして差し上げる。
そんな仕事をしているんだなあと、改めてよくわかりました。

=========
今必要なアロマって何だろう?
そう思ったら、まずは『アロマ診断』、試してみませんか。

診断は無料です。
詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です