【アロマ】ベンゾインの効果効能。バニラの香りをハンドクリームにいかが?

 

Benzoin
学名   Styrax benzoin(スマトラ)
Styrax tonkinensis(シャム)科名   エゴノキ科
抽出法  溶剤抽出法/水蒸気蒸留法
抽出部位 樹脂
産地   スマトラ、ジャワ、タイ、インドネシア、ベトナム、ラオス
主成分  バニリン、桂皮酸エステル(スマトラ)、
安息香酸エステル(シャム)

◆主な作用

瘢痕形成作用(傷の治癒)
スキンケア
(肌の炎症を抑え、乾燥し固くなった皮膚のケア)
リラックス作用
(緊張した神経を鎮める)
呼吸器系への作用
(咳、喉の痛みに)

<スポンサードリンク>



line1

こころに、からだに良いアロマ

呼吸器に、お肌に、
そしてこころに甘い香りが沁みる。

木の樹脂から採れるこのアロマは、東洋では、香、薬、化粧品として長く使われてきました。

植えてから7年経つとようやくしみ出した樹液を取ることが出来ます。

精油としてももちろん使われているのですが、固まった樹脂をお湯に溶いて使うこともできるのです。

中国の医師は、寒湿症と診断する呼吸器系と泌尿器系の疾患に処方していました。

これは、ベンゾインの抗感染作用を利用したもので、膀胱炎や尿道炎にも有効です。

また、慢性気管支炎や喘息、痛みを伴う咳やのどの腫れにはユーカリやティートゥリー、サイプレスなどとのブレンドが効果的です。

中世ヨーロッパでは、「ガム・ベンジャミン」と呼ばれ、「フライヤーズ・バルサム」の主成分として知られていました。固くひび割れた皮膚に塗られたり、呼吸器系疾患には蒸発させて吸入されました。

甘いバニラの香りで心癒されます

ベンゾイン バニラ

一番おすすめの使い方はハンドクリーム!

鎮静作用と癒傷作用があるので、あかぎれ、しもやけ、切り傷などにベンゾインのハンドクリームを使うとよいでしょう。

クリームを塗った手で顔を覆いゆっくりと深呼吸すると、甘いバニラの香りに包まれて幸せな気分に♪

どろっとしていて粘度の高い、濃い茶色をしたアロマで、通常は希釈して売っています。
(そのままだとドロドロすぎて使えない)

なので、トリートメントオイルなどを作るよりも、クリームなどに混ぜて使った方が使いやすいかと思います。

心を落ち着かせる作用も

心身が混乱して落ち着きと統合が必要な時に役に立ちます。

祈りの時にこころを安定させ集中させるので、仏教寺やヒンドゥー教寺院で焚かれる香には大切な成分の一つとなっています。

ちょっと心がざわざわして眠れない、という時はティッシュに1滴たらして枕元に置いてみてください。

ゆっくり深呼吸をしているうちに、心が落ち着いてくると思います。

line1

◆おすすめのブレンド

オレンジスイート、ラベンダー・アングスティフォリア、
サイプレス、ユーカリラディアタ、サンダルウッド、
レモン、ベルガモットなど。

<スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です