【アロマ】フランキンセンスの効果効能〜アンチエイジングのアロマ

フランキンセンス 効果 効能 アロマ

 

Frankincense
学名    Boswellia cartelii/Boswellia thurifera

科名    カンラン科
抽出法   水蒸気蒸留法
抽出部位  樹脂
産地    中国、中東、エチオピア、イラン、レバノン、ソマリア、エジプト、スーダン、フランス、アラビア
主成分   α-ピネン、シメン、リモネン、ベルベノン、ツヨン

◆主な作用
細胞成長促進作用、収れん作用
(しわ、たるみの改善)
浄化作用
(こころと体をゆったりと和ませる)
抗菌作用
(呼吸器、咳)
消化促進作用、消毒作用

<スポンサードリンク>




line1

◆フランキンセンスの歴史

和名は乳香(にゅうこう)といい、古代では黄金と同じくらい価値の高かった芳香植物です。

聖書にも登場するほど歴史は古く、東方三賢人から幼子イエスに贈られたものとして知られています。

古代エジプトでは若返りのパックの材料としても使われていました。

◆フランキンセンスの効果効能

フランキンセンス 効果 効能 アロマ

心の奥深くにしみ渡る香りは、じっくり考え事をしたいと気に向いていますよ。そして、スキンケアにも有用な香りです。

女性にはとても人気のある香りですね。

●咳を鎮める

咳を鎮めたり呼吸器に対して有効であり、喘息や気管支炎などにも良いとされています。

●深い鎮静効果

とてもリラックスできる、深みのある香り。

ストレスによって呼吸が浅くなっている時にも効果を発揮します。深い呼吸を促し、気持ちを落ち着けてくれます。

古代から宗教儀式に使われてきただけのことはあります。

●肌への効果

フランキンセンスは老化が気になる肌、特にしわに効果があるとされています。年齢肌用の化粧品などに使われていることも多いですね。

収れん作用もあり、皮膚を引き締める作用が期待できるので、気になるたるみにも使って欲しいと思います。

皮脂のバランスを保ち、皮膚の炎症などにも良いとされています。

◆フランキンセンスの使い方

クリームに混ぜて使うと、アンチエイジングクリームの出来上がり。買うと高いので、自分で作ってみましょう。

小さじ1杯のクリームに対して2滴入れます。

循環よくするパチュリ、ニキビが気になる時はプチグレイン、かゆみが気にある時はカモミール・ローマンなどをブレンドするとよいでしょう。

★アンチエイジングクリームのレシピ

無香料のクリーム:大さじ2
フランキンセンス:3滴
パチュリ:2滴
ゼラニウム:3滴
ローズウッド:2滴

◆フランキンセンスと相性の良いブレンド

パチュリ、レモン、オレンジスイート、グレープフルーツ、ゼラニウム、ラベンダー、ペッパーなど。


line1

<スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です