あなたとあなたのお店を差別化できる香りのマジック

aroma1

特定の香りをかいで
昔の記憶がよみがえる、といった経験は
ありませんか?

それは、香りが脳の奥深く、
大脳辺縁系に直接届くからなんです。

脳に届くからなんなの?

それはですね、
大脳辺縁系には「海馬」という
脳の部位があります。

そう、記憶と関係する部分です。

香りはここに直接届くから、
たとえばお線香のにおいをかぐと
おばあちゃんちを思い出したり、
海の香りをかぐと、
子どもの頃の家族旅行を思い出したり、
といったことが起こるのです。

これを「プルースト効果」「プルースト現象」といいます。

プルーストの小説「失われた時を求めて」で
主人公が紅茶に浸したマドレーヌを口にしたとき
その香りで昔の記憶がよみがえる、というエピソードにちなんでいます。

この脳の仕組みを、
あなたのお店の差別化に使えるとしたらどうでしょうか?

嗅覚を利用すれば視覚よりもずっと記憶に残ります。

お客様に自分のお店を覚えて欲しいと思ったら
あなたのお店や商品のイメージと
お客様の層に好まれる香りを結びつけるんです。

もしくは、お店のイメージそのものの香りでもいいですね。

ほんのり香るように、お店でアロマを焚いたり、
ダイレクトメールにほんのり香りを忍ばせたり。

この「ほんのり」が大事ですね。

香りの好みは個人差が激しいので、
いやがられない程度に。

たとえばラベンダーの香りを使ったとしたら
ラベンダーの香りとあなたのお店が結びついて
その香りを嗅ぐとあなたのお店を思いだす、
なんてこともあるでしょう。

これは、フリーランスで働く人にも使えますよ(*^^*)

香水は香りが濃いのでつける量が難しいです。
いやがられることも多いです。

しかし天然の香りは、近寄らないとわからないくらい
ほんのり香らせることもできるので、
ハンカチに香りを忍ばせて持っておくとか
名刺に香り付けしておくなどの方法があります。

この人に会うと、いつもいい香りがするのよね♪
と覚えてもらうのは、個人で仕事している人には
大切なことではないでしょうか。

そんなあなたのためのアロマ、
オーダーメイドのアロマテラピー
ご興味のある方は、「私にはどんなアロマ?」と
お問い合わせからメッセージくださいね。

toiawase

もしくは、こちらのページ
『カスタムメイドアロマテラピー』もご覧ください。

ライバルに差を付ける香り。
あなたに合った香りはどんな香りでしょうね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です